ロックダウン下でパーティーを開くと罰金は150万円【一日一読】

しかも、当事者はまだ10代なんですって。

Teen fined £10k for lockdown house party while parents were away – Evening Standard

またまたロンドンネタで恐縮です。

非常に厳しいロックダウン体制を敷いていたイギリスですが、やはり羽目を外したくなる人はいるものです。

それが若い人ならなおさらのこと。

今回の主役?は19歳の女性。両親の不在をいいことに、大みそかのパーティーを自宅で開催したそうです。
警察が乗り込んだときには、なんと40人も客がいたのだとか。
裁判が行われ、「ロックダウン規則に反した」として、1万ポンド(約150万円)を支払うよう命令されたとのこと。
19歳ならまだ自分では支払えないでしょうねえ。

1万ポンドを科されたのは、この方だけではなさそうです。Evening Standard紙の伝えるところでは、ロンドン近辺で少なくともあと2人はいるようです。
警官を家に入れないようにドアをふさいだとか(おかげでドアが壊れる寸前だったらしい)、みんな身内だからソーシャルディスタンスの対象ではないと主張したりとか、もうめちゃくちゃです。

こういう話を聞くと、駐車場で飲み会なんてかわいらしく聞こえてきます。

イギリスではロックダウンとワクチンが功を奏し、かなり陽性者が少なくなったという報道を目にしましたが、それでも別の変異株が増えてきているとかなんとか。

とりあえず私も早くワクチン打ってもらいたいです。副反応なんて、交通事故に遭うより確率低いんだから(私もめちゃくちゃ)。

ヒューム

ロンドンではなくエディンバラで捕獲したものですが、哲学者のヒュームの像です。
こんないたずらされてかわいそう。
つま先がテカテカになっているのがビリケンさんをほうふつとさせます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です