私はメイドではない。記者なのだ。

アフリカ系記者であるドロシー・バトラー・ギリガンが体験してきたさまざまな差別。

Dorothy Butler Gilliam: ‘I am not a maid, I am a reporter’ – BBC

黒人専門のミドルクラスの新聞社でキャリアをスタートさせたドロシーですが、まだ白人男性中心世界でかなりの差別を受けていたころです。

裕福な女性の100回目の誕生日に招かれたときには、ドアマンに「メイドはあっちだよ」と言われたそうです。

「私はメイドではありません。記者です」と彼女は答えました。

彼女はアフリカ系で初めての新聞記者であり、30年間におよぶこのようなめまぐるしさを経験してきたそうです。

記者としての彼女のデビューは、体調の悪いスタッフの代わりに書いたものだとか。

のちにコロンビア大学に進学し、24歳のころワシントンポストに入社します。

しかし、記者になったからといって、すべてが変わってくれるわけではありません。

タクシーは止まってくれないし、記者だと信じてもらえないし、「黒人の殺人なんて安っぽいから取り扱わないよ」とまで言われてしまいます。

パニック障害に襲われたり、以前勤めていた新聞社に相談したり、教会に助けを求めたり。

白人の同僚たちは、彼女を無視するようなしぐさをしたのだそうです。食事をすることすら難しかったようです。

状況はよくなりつつありましたが、ワシントンのレストランではまだ黒人と白人が分けられていたころです。ワシントンポストのクローゼットも分けられていました。

いつになったらカフェでゆっくりお茶が飲めるのだろう?ドロシーは思いました。

そこでドロシーは、新しい考えを思いつきました。

「黒人のネガティブな面だけを強調したくない。黒人のすべてを伝えたい」

たとえば、ミシシッピ大学に初めて入学した黒人学生の話を書きました。同じ大学の白人学生は彼に将来性を感じてくれていました。

1960年、ドロシーには3人目の子どもが生まれ、ワシントンポストを退職し、1972年に再雇用されたあとはスタイルセクションの担当になりましたが、この仕事がとても気に入っていたと言います。

「ブラックカルチャーをたくさんスタイルセクションに取り込めるのはエキサイティングだわ。お金持ちでメイドか何かがいる人だったら、ブラックカルチャーがメインストリームになるってことでしょう」

彼女は部署を立ち上げて人を雇い、教育や人種、政治などを取り上げて、2003年にドロシーはリタイアした。

彼女が成し遂げたものは多様性(ダイバーシティー)。黒人のメイドと虐げられていたころから、ジャーナリストとして成長していくまで、どれほどの苦しみがあったことだろう。

ごーや
ブログランキング・にほんブログ村へ

【翻訳を担当しました】ギズモード・ジャパン「AirTagは競合他社のトラッカーと比べてどんな感じ?」

最近発売されたAppleのAirTagに関する記事の翻訳を担当いたしました。

AirTagは競合他社のトラッカーと比べてどんな感じ?

こちらではすでに発売されている他社製Bluetoothトラッカーとの比較がされています。
ぜひチェックしてくださいね。

あ、AirTagとは、早い話が「なくし物とりよせ機」というか、なくしたら困るものにつけておくタグで、スマホなどでトラッキングできるものです。ご説明まで。

私も現在お取り寄せ中。つけるとしたら、お財布と鍵、くらいですかね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ビリー・アイリッシュのゴージャスなブロンドヘアができるまで【一日一読】

世界を席巻したアーティスト、ビリー・アイリッシュのことは、皆さまご存じでしょう。

御年19歳。トレードマークはダボッとして、体型を隠すような服装に、根元がグリーンで毛先が黒っぽい髪の毛(染めるのが大変そうです)。

それが、正反対のイメージに。

ゴージャスで、セクシー。
スリムな女の子ではないと思ってはいたけれど、ここまで肉感的だとは。

皆さんもあちらこちらで目にされているかと思います。

彼女のこういった姿のグラビアが表紙になったのが、VOGUE。

今回は、彼女のヘアスタイリストがどのようにあの髪型を作ったか、という記事をご紹介します。

How Billie Eilish’s Hairstylist Created Her New Blonde Bombshell Look – Vogue

まずビリーがブロンドに変えた時点で、Instagramが6分間に100万イイネ!に到達したのだとか。髪の毛だけで、ですよ。カツラかな?とも思われていたりして。ですが、これは本物でした。

これを実現するためには、例のグリーンとブラックの髪を4回、染色したそうです。たぶん、脱色しては染め、脱色しては染め、でしょうか。髪が痛むー。

そしてマリリン・モンローを思い浮かべながら、あのグラビアのヘアスタイルを作ったのだとか。50年代から60年代の女性らしさをイメージして。

で、使ったものは、ヘアドライヤーとカーリングアイロン(超低温で)。完全に髪が冷えるまで、カールはピン留め。オイルを使ってつやを出す。最初から最後まで何時間かかったのやら。

お疲れさまでーす、としかかける言葉がありません。
いつもカットと白髪染めで2時間しかかからない、短髪の私にはわからない世界…

ビリーはこう言ったそうです。
「もう少し女性らしい気持ちになりたい」
お年頃ですもんね。

ですが、どのグラビアの写真を見ても、あの鋭い三白眼は健在。
見た目が変わっても、彼女のとんがった部分は変わっていなさそうです。

こちらは今度出るアルバムからの一曲ですね。髪は風で乱れていますが。

若い子って、いいなあ…sigh


浮き玉

ビリー・アイリッシュの写真も、私のステキな写真もアップできないので、仕方がないから前に海で撮った浮き玉でも載せるか。

ブログランキング・にほんブログ村へ