【追記あり】フィリップ殿下の葬儀でも埋まらない、ウィリアム&ハリー兄弟の溝【一日一読】

今回は書いて即アップします。

今、エディンバラ公フィリップ殿下の葬儀を中継で見ているからです。

アーカイブ映像がご覧いただけます。他のサイトには埋め込みができないそうです。

ダイアナ妃の葬儀もたまたまテレビ中継で見ていましたが、いつもニコニコ手を振っている王室のメンバーが沈痛な面持ちをしているのは、見ていて悲しいです。

もっと悲しくなったのは、「ああ、やっぱり…」という場面に遭遇したからなのですが…

というのは。

Why Prince Philip’s Funeral Won’t Heal Royal Rift Between Harry and William – Newsweek

ここには、フィリップ殿下のひつぎを礼拝堂に送る際、「ウィリアムとハリーは並ばず、間にいとこのピーター・フィリップス(アン王女の長男)をはさむ形で歩く」とありました。

見ました。離れていました。確かにピーターさんをはさんで。
正確にいうと、ピーターさんは半歩くらい彼らより下がっていましたが。

二人の不仲の原因はいろんなところでいろいろ(憶測も含めて)いわれていますから、そこは割愛するとして。

今回の葬儀で期待されたのは、ウィリアムとハリーが歩み寄ることだったのではないでしょうか。

ハリー王子は公務を退いているので、軍服を着ることはできません。
ですが、今回の葬儀で、女王が男性王族に軍服を禁じるという計らいを見せました。
(これは、問題を起こしたものの、軍服を着て出席しようとしたアンドルー王子への配慮でもあるとか)

女王もきっと、二人に仲直りしてもらいたいのでしょう。

ダイアナ妃のひつぎの後ろをとぼとぼと歩いていた男の子たちの姿が忘れられない私も、そう思います。
つらい時期を二人で乗り越えてきたのにね。

おじいちゃんもきっと、そう思っているよ。

不仲の原因についていろいろ書かれている元記事はこちらです。


追記:

溝、埋まったかもしれません。葬儀後に兄弟が並んでしゃべっていましたよ!!!!

よかった~。

上に貼り付けた動画リンクの最後のほうで、ウィリアム王子夫妻とハリー王子が仲睦まじく歩いていました。
もともと溝なんてなかったのでは。

いつかのブーケ

ふさわしくない色合いの花束かもしれませんが。

どうか安らかに。

ブログランキング・にほんブログ村へ

「一つの時代が終わった」フィリップ殿下の訃報に対するロンドン市民の声【一日一読】

英国のエディンバラ公フィリップ殿下が、4月9日に99歳で亡くなられました。

当然皆さまご存じでしょうが、フィリップ殿下はエリザベス女王の王配(夫)であり、ギリシャやデンマーク、英国の王室と、ロシア皇帝の血を引く、ものすごい血筋のお方です。
生まれたころから苦労の連続(クーデターやら亡命やら)。
その後第二次世界大戦では英国海軍で活躍。イギリスに帰化し、のちのエリザベス女王とご結婚。公務にも献身的に取り組んだ、とWikipediaから聞きました。

フィリップ殿下といえば、さまざまな失言がよく引き合いに出されます。
怒りを通り越して失笑を誘うものもちらほら。

殿下についての説明はこのくらいにしておいて、ロンドン市民が今回の訃報をどうとらえているかという記事を見つけたので、ご紹介します。

‘Prince Philip’s death is the end of an era. What is the future for the royals?’ – The Guardian

イーストロンドンにいた人たちから話を聞いたそうです。

ざっくり分けて次の通り。

  • 女王様やロイヤルファミリーが心配
  • 一つの時代が終わった。王室はこれからどうなるの?
  • いろいろ貢献してくれたよね
  • 口が悪かったけどね
  • まあ、人が死ねば悲しいもんだ

やはり女王様を心配する声が多いように思えます。
73年も添い遂げたのですから、悲しみはいかばかりか。

それに「あまり興味はなかったが、自分が生まれてからずっといた人が急にいなくなってしまった。とても悲しくなった」という意見も。
失言の多さについても、「詳しい内容まではわれわれがわかっていないかもしれないし」と擁護する人もいました。

詳しい内容はこちらの元記事をご参照ください。

とにもかくにも、今回の訃報は英国国民にかなりの影響を及ぼしたことでしょう。

エディンバラ公フィリップ殿下には、心よりお悔やみ申し上げます。

しかし99歳ですか。今年6月の誕生日で100歳になるところだったのに。
私事ですが、うちの祖父は97歳で亡くなり、最後の数年はほぼ寝たきりでした。
フィリップ殿下が自分で運転していて事故を起こしたのは、ほんの2年前のことだったんですね…

Windsor Castle

ウインザー城前はこんな感じ。
日付が…うっ、23年前!

ブログランキング・にほんブログ村へ