おうち時間をまだまだ楽しみたい? そんなあなたにオススメのアクティビティ100

私はインドア派ですが、こうも長く強制的な引きこもりが続くと、近所の公園にテントでも張って一人ビールでもあおったろかい!というような気持ちになります(ソロキャンプなら感染はしない?)。

ちょっとだけ若いころはテントやシュラフを持って、夏のフェスティバルに行ったものですよ。体力があったんですね…

思い出話はさておいて、今回の話題は「おうち時間の楽しみ方」。

Uneasy about returning to pre-pandemic life? Here are 100 fun, productive things to do at home – USA TODAY

もうおうち時間が心地よすぎて、それ以前の生活が想像できない方もいらっしゃるのではないかと想像します。

この記事では100ものアクティビティを提案してくださっていますが、それをすべてご紹介するわけにはいきませんので(いろんな意味で)、いくつかピックアップしようかと思います。

  • 一つ二つ言ってやりたいことがある、元カレ・元カノ全員にテキストメッセージを送りつけ、胸の内を吐き出す

もらったほうはたまったもんじゃないですね。

  • 衣類をすべて着てみて、「こんまり」流の「ときめき」があるか確かめる

英語で言うと「Spark joy」ですよ。世界のこんまり、10年前のユ●クロ、まだときめくかしら。

  • トム・ハンクスの映画を年代順に見る。彼はセレブの中でもほぼ最初にコロナウイルスへの感染がわかった人だから

早々にカムアウトしたトムさんに敬意を。

  • 愛する人を主役にした劇を書き、ビデオ通話でそれを演じる

見せられたほうはたまったもんじゃないですね。

  • スター・ウォーズを「ローグ・ワン」→IV→V→II→III→「ソロ」→VI→VII→VIII→IXの順番で見る

私、まったく意味がわかりません。スター・ウォーズを一度も見たことがないから!
余談ですがジ●リ映画も…

  • 利き手ではない方で何かやってみる。字を書いたり歯を磨いたり。イラッとくること間違いなし

これは結構好きですね。気づいたらぞうきんがけが左手になっていました。

  • 植物に話しかける。元気だろうか? 日光は足りている? 肥料は? 水も必要に応じてあげて

話しかけ…ますね、私。ミントの鉢に「大きくなったねー」、ラベンダーの鉢に「おやおや、花をつけたねー」、観葉植物の皆さんに「ほーら水だよ飲め飲め~」。おうち時間じゃなくても普段からこうですから…

これで、皆さんがハッピーなおうち時間を過ごせる一助になれば幸いでございます。

アサガオ

そろそろアサガオが咲く季節になるのかしら。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ロックダウン下でパーティーを開くと罰金は150万円【一日一読】

しかも、当事者はまだ10代なんですって。

Teen fined £10k for lockdown house party while parents were away – Evening Standard

またまたロンドンネタで恐縮です。

非常に厳しいロックダウン体制を敷いていたイギリスですが、やはり羽目を外したくなる人はいるものです。

それが若い人ならなおさらのこと。

今回の主役?は19歳の女性。両親の不在をいいことに、大みそかのパーティーを自宅で開催したそうです。
警察が乗り込んだときには、なんと40人も客がいたのだとか。
裁判が行われ、「ロックダウン規則に反した」として、1万ポンド(約150万円)を支払うよう命令されたとのこと。
19歳ならまだ自分では支払えないでしょうねえ。

1万ポンドを科されたのは、この方だけではなさそうです。Evening Standard紙の伝えるところでは、ロンドン近辺で少なくともあと2人はいるようです。
警官を家に入れないようにドアをふさいだとか(おかげでドアが壊れる寸前だったらしい)、みんな身内だからソーシャルディスタンスの対象ではないと主張したりとか、もうめちゃくちゃです。

こういう話を聞くと、駐車場で飲み会なんてかわいらしく聞こえてきます。

イギリスではロックダウンとワクチンが功を奏し、かなり陽性者が少なくなったという報道を目にしましたが、それでも別の変異株が増えてきているとかなんとか。

とりあえず私も早くワクチン打ってもらいたいです。副反応なんて、交通事故に遭うより確率低いんだから(私もめちゃくちゃ)。

ヒューム

ロンドンではなくエディンバラで捕獲したものですが、哲学者のヒュームの像です。
こんないたずらされてかわいそう。
つま先がテカテカになっているのがビリケンさんをほうふつとさせます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

旅行のトレンドは今や「じいじ・ばあば&孫」?【一日一読】

欧米ではサクサクと進んでいる感のあるコロナワクチン接種です。

ついにこんな記事まで登場しちゃいました。

With vaccinated grandparents, skip-gen vacations are gaining popularity. Here’s what to consider – USA Today

親ではなく祖父母と旅行するのが人気になりつつある、ですと?
おじいちゃん、おばあちゃんはワクチン接種を済ませているから安心、ということなのでしょうか。
世代をスキップする旅行、ということで、skip-gen (generation) vacationと呼ぶようです。

コロナ禍でずっと会えなかった孫たちに会える…じいじ&ばあばの心は弾みます。
ああ、ギュッと抱きしめたい…!

とはいえ、専門家たちは警鐘を鳴らしています。
やはりマスクを着けたり、手を洗ったり、ソーシャルディスタンスを守ったりは必要とのこと。

オススメの場所は、空気のよい国立公園や地方の小さな街、アウトドアなど。
お孫さんと星を眺めたりするのもステキですね。

「ほーらジェイムズ、あれが北斗七星だよ」
「ほんとだ! じいじ、クールだね! ばあば! お星さまが7個あるよ!」

そんな会話も聞こえてきます。誰ですかジェイムズって。

こういう「じいじ・ばあば&孫」旅行のニーズに応えるツアーも出てきたようで。

ですが、お子さんってびっくりするほど成長するじゃないですか。
1年会わない間にずいぶん変わっている可能性だってあります。
身長だけの問題ではありません。

「ほーらジェイムズ、あれが北斗七星だよ」
「うぜえ」

これは極端な例(妄想)かもしれませんが、安全だからというだけで安易に旅行を決めるわけにはいかないかも、というお話でした。

ベンチ

7年前のイギリス旅行で撮りました。本を模したベンチです。座りませんでしたが、お尻が痛くなりそう。

ブログランキング・にほんブログ村へ